ココカラウェブ

美味しいアイスコーヒーの簡単な作り方→ドリップ水出しその他

アイスコーヒーの簡単な作り方
ウチでいつもやっているアイスコーヒーの作り方です。


ドリップ、水出し、その他の3種類です。その他は失敗談なので、実質2種類です。


【基本】ドリップコーヒーを氷で冷やす急冷式


急冷式アイスコーヒーの作り方
ドリップコーヒーを淹れて、氷で冷やす方法です。ウチでは買った豆をミルで粉に挽いて、コーヒーメーカーでコーヒーを淹れています。


氷で冷やすときに、薄まってしまうので、豆を多くするか水を少なくして、濃いめのコーヒーを作ります

急冷式アイスコーヒーの作り方
コーヒーメーカーには保温機能があるので、先に氷をコーヒーサーバーに入れておけません。


ハンドドリップなら、はじめからコーヒーサーバーに氷を入れておくほうが楽です。


氷の入ったコーヒーサーバーにコーヒーを注いで、混ぜて、冷たくなったら出来上がりです。

急冷式アイスコーヒーの作り方
急冷式アイスコーヒーの作り方

美味しく作るコツ



熱いコーヒーを常温でゆっくり時間をかけて冷ますと、コーヒーが濁ってしまいます。


氷はコーヒーが常温になるくらいの量にしておいて、飲むときにグラスの氷で冷やすと薄くなりすぎないです。

アイスコーヒー 美味しく作るコツ


急冷式のメリット



急冷式アイスコーヒーのメリットは、飲みたいときにすぐ飲めることです。


急冷式のデメリット



デメリットは、コーヒーの濃さの調節が難しいということです。薄くなりがち。


【簡単】ティーバッグで作る水出しコーヒー


水出しアイスコーヒーの作り方
コーヒーの粉をティーバッグに入れて水に入れて作る、水出しコーヒーです。


市販の水出し麦茶みたいな感じです。


挽いたコーヒーの粉をティーバッグに入れます。

水出しアイスコーヒーの作り方
パックはスーパーで買いました。ダイソーやセリアなどの100均ショップでも売ってます。お茶パックです。

水出しアイスコーヒーの作り方
粉10グラムに対して水100mlの割合で作ります。


実際に飲んでみて、好みで調節してください。私は60グラムで800mlぐらい作ってしまいます。


あんまりケチると薄くなります。濃く戻すことはできないので損します。


パックを水に入れたら、冷蔵庫で8時間ぐらい置けば出来上がりです。

水出しアイスコーヒーの作り方
水出しアイスコーヒーの作り方
水出しアイスコーヒーの作り方

美味しく作るコツ



粉の沈殿する量が多いときは、パックを二重にします。濃さは変わりません。


ケチると薄くなります。


水出しアイスコーヒーのメリット



メリットは、なんといってもドリップ不要なので道具がいらないことです。
粉に挽いてあるコーヒーを買えばそれだけで済みます。


水出しアイスコーヒーのデメリット



デメリットは、水でゆっくり抽出するので時間がかかることです。
飲みたいときに飲めない、明日のために今日仕込んでおく、という感じです。


【その他】ドリップコーヒーをフリージングタンブラーで冷やす


フリージングタンブラー アイスコーヒー
お酒などを冷やすフリージングタンブラーでドリップコーヒーを冷やしてみました。


氷を使わず急速にコーヒーを冷やせるなら、濃さが変わらなくて楽なので試しに買ってみました。


タンブラーの内側に保冷剤が入っていて、冷凍庫で凍らせて使います。


熱々のコーヒーを!

フリージングタンブラー アイスコーヒー
フリージングタンブラーに注げば!

フリージングタンブラー アイスコーヒー
一瞬で冷え冷えになるはず!

フリージングタンブラー アイスコーヒー
と思ったら、ほとんど冷えませんでした。ぬるい。


これは失敗でした。通常の使い方ではないので、マネしないでください。


関連記事