ココカラウェブ

DAZN(ダゾーン)で幸せになりました!7か月間利用した感想

DAZN(ダゾーン) 感想
家のネットを光回線にしたので、その流れでDAZN(ダゾーン)に入会登録しました。


結論から言うと、「幸せです!」


3月から7か月間利用してますが、なんの不満もありません。最高です。


どうしようか迷ってるひとがいたら、いまこの瞬間にでも登録したほうがいいですよ。


DAZN(ダゾーン)とは?


DAZN(ダゾーン)とは?
DAZN(ダゾーン)とは、スポーツの試合などをネット配信するサービスです。


観られるスポーツの種類は、サッカー、野球、F1、バスケ、バレー、テニス、ゴルフ、ラグビー、アメフト、自転車、ボクシング、総合格闘技、ビリヤード、ダーツ、スヌーカー、などです。


スヌーカーってなんでしょう?わかりません。


これらのスポーツ中継と見逃し配信が、パソコン、スマホ、テレビで観られます。


DAZN(ダゾーン)を7か月間利用した感想


DAZN(ダゾーン) 感想 F1
DAZN(ダゾーン)で一番楽しみにしていたのが、F1と海外サッカーです。


まずF1ですが、久しぶりに観てみるといろいろ昔とは変わっていて、すごく面白い。


決勝レースだけでなく、FP(フリープラクティス)や予選も観られます。


また、F1の下のカテゴリーのF2、F3も観られるのもいいですね。


これまでは、「メルセデス、ルイス・ハミルトンが強すぎてつまらない」、という状況が続いていたらしいですが、ホンダF1の13年ぶりの優勝も観られたし、フェラーリも優勝したりと、とても盛り上がってます。


日本GPは台風で3日間のうち1日が中止になって、2日間開催になりました。


これはこれで思い出深いGPだったし、鈴鹿サーキットで観戦したひとのツイッターを見てると、「いつか観戦に行ってみたいな」と思いました。


次に海外サッカーですが、これはなんといっても「メッシ」です。

DAZN(ダゾーン) 感想 海外サッカー
メッシが所属するスペインリーグのFCバルセロナの試合が観られます。


リーグ戦やチャンピオンズリーグなど、何試合もライブで観られるなんて夢のようです。


メッシ出ないときもあるけど。


もちろんメッシだけでなく、ロナウドやネイマールなどのスター選手の試合も観られるので大満足ですね。


最近なら、ムバッペとかサラーとかですかね。


もちろん日本人選手の活躍も要チェックです。


当たり前ですが、同じリーグのスター選手と日本人選手がふつうにマッチアップしますからね。すごい時代です。


というわけで、F1と海外サッカーでもう十分満足ですが、その上Jリーグやプロ野球、メジャーリーグもあるっていうんだから、「どんだけお得なんだよっ!」て話です。


DAZN(ダゾーン)のメリット・デメリット



メリット



ライブ配信でも一時停止や巻き戻しができる


得点シーンを見逃した!というときでも、巻き戻して見られるし、ちょっと席を外すときに一時停止ができるのがすごく便利です。


PC、スマホ、テレビで観られる


DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法は、アマゾンのFire TV Stick、PS4、ネット配信対応テレビなどです。


私は「Fire TV Stick 4K」を利用しています。とてもいいですよ。おすすめです。


コンテンツが豊富


「130以上のスポーツコンテンツが年間10000試合以上、見放題!」というだけあって、圧倒的なコンテンツ量です。


いままで見たことなかったスポーツも、試しに見てみるとハマったりします。


見るテレビ番組がなにもないときや、ただつけておくだけというのにも値しないような番組しかやってないときに、「自転車のロードレース」「海外ゴルフ」などを流しておくと、自然の風景やヨーロッパの街並みなどに癒されます。


無料お試しができる


どの配信サービスでもそうですが、無料でお試しできます。


DAZN(ダゾーン)は1か月無料です。


入会や退会、また再開の手続きもカンタンです。


お目当てのチームの応援のために入会して、オフシーズンは退会、またシーズンが始まったら再開というのもふつうみたいですね。


デメリット



特になし


DAZN(ダゾーン)の視聴方法


DAZN(ダゾーン)の視聴方法
DAZN(ダゾーン)の公式サイトから入会登録が申し込みできます。


支払いは、クレジットカード、デビットカードのほか、コンビニで買える「DAZNプリペイドカード」「DAZNチケット」、Apple、Amazon、Googleのアプリ内課金、PayPal(ペイパル)でも支払いができます。


ドコモユーザーならdアカウントから入会すると料金が割引になります。


dアカウントがなくても申し込み手続きの途中でアカウント発行ができます。


ドコモのほうは、支払いはドコモの料金に合算して支払いができます。


料金はいずれも、無料お試し期間が終わってから発生します。


「無料お試し中に退会すれば料金は発生しない」ので、興味のあるスポーツを試しに見てみたらいいと思います。


幸せになれますよ!



関連記事